読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタと英語詞

 先日、卒論の一環でジャニーズソングの英語歌詞への意識調査アンケートを取らせていただきました。ご協力くださった方々本当にありがとうございました。読んでいて肩が凝らないよう、できるだけ砕けた感じで書くよう努力します。

 「J-POPを利用した英語学習へのモチベーション向上」が私の卒論のテーマでした。J-POPの歌詞に使用されている英語はネイティブが聞くとこれ変!ってのが多いですが(外国人の入れる日本語タトゥーみたいな)好きなアーティストの歌詞の単語の意味などを調べるうちに英語学習への意識を高めることができないだろうか、というものです。私も英語を習いたての時、少年倶楽部のEDでJr.が歌っていたテゴマスの「マルイチカラ」のちびジュパート(裕翔くんはこっち)の英語の歌詞の意味が知りたくて、テレビを一時停止して歌詞を書き留めて辞書を引いていた思い出があります。

 実際の論文では現在の学生の英語力や日本人歌手が英語の歌詞を歌う上での困難なポイントなどを書き連ねていたのですが割愛してアンケート結果について書きます。
 
 Q. あなたはどのアイドルのファンですか(3グループまで選択可)
 f:id:sogabe8:20160119201856j:image
 拡散ツイートを流したアカウントの関係もありHey!Say!JUMPと関ジャニ∞のファンの方が多いです。(Hey!Say!JUMPのファン層で一番多かったのは17~22歳でした。)

 Q.アイドルの歌詞で分からない英語が出てきたときあなたはどういう対応をしましたか
f:id:sogabe8:20160119201907j:image
 ここで「単語の意味を調べた」「誰かに聞いた」を選んだ約60%の人をグループAと括ることにします。グループAの人たちの97.7%が「わからなかった英語の部分も理解したいと思う、どちらかといえばしたいと思う」と答えています。私の一番ほしかった回答をしてくれた人たちです(笑)
 「自動翻訳サイトで翻訳した」を選んだ13%の人たちをグループBと括ることにします。グループBでは92%の人が英語の部分まで理解したいと答えています。確かに新曲とか出ると英語詞をグーグル翻訳で訳したスクショをツイッターに貼って「こういう意味なんだ><キャー><」ってやってる人たちは一定数いますよね。
 自動翻訳って便利ですよね。超長い英文とかでも単語の訳を拾いながらなんとなくの意味なら察することができるし。でも、歌詞には使うべきじゃないと思います。そもそも自動翻訳っていうのは文法の構造が似てる言語同士でなら結構うまくいくけど、日本語と英語なんてほぼ真逆の文法構造で機能するわけがないんです。例えば、イギリスに5年間の留学経験のある岡本圭人くんが作詞したHey!Say!JUMPの「Hero」のこの歌詞。
「If there’s a favor for me to do, It’s a piece of cake!」
Google翻訳さんに頼むとこの有様です。
 f:id:sogabe8:20160119201952j:image
 歌詞の流れをくみ取って大幅に意訳するとしたら「頼まれ事だってなんだって朝飯前さ!」という感じでしょうか。ね、自動翻訳ってあてにならないでしょ。行間を読むことも流れをくむこともできないなんて、せっかくの歌詞の世界観をぶち壊しにする行為に等しいのでは、と私は思っています。せめて辞書アプリ!入れよう!
 
 アンケート結果に戻ります。歌詞の中で分からない英語が出てきた時「どうもしなかった」と答えた26%の人たちをグループCとします。グループCでは英語の部分まで理解したいと思う人の割合は62%にまで落ちます。しかし「英語は好きですか?」という質問に対しては「普通」が25%、「好き」「どちらかというと好き」が合計33%越えなので60%以上の人が英語に対してネガティブな姿勢ではないということ。なのになぜ、英語の歌詞に対して何もしなかったのか?この辺がアイドルファン特有の心理につながってくると私は思っています。
 
Q. アイドル自身が歌詞の意味を知らないまま歌っていたらどう思いますか
 個々の解答が一番面白くて非常にボリュームがありました。選択式ではなく自由回答にしたのですが、一括りにジャニヲタといえどこんなにも差があるのだなあと改めて。852人分全部ちゃんと読みました。
f:id:sogabe8:20160119202006j:image
 全く同じ質問をアイドルファンではない現役高校生に聞いた時の結果と比較したものです。歌詞の意味が分からないまま歌っている状態を肯定する人の割合がかなり違うのが分かります。
「曲の世界観にあった歌い方をしているならそれはそれであり」
「面白いエピソードが増えてよい」
「個性に愛おしさを感じるので良い。完璧じゃないからこそ人間味を感じる」等

 そして、肯定的な意見を出した15%のジャニーズファンのうち、7%、人数にして63人が「かわいい」という意見でした。
「お馬鹿でカワイイ」
「Tell me why という歌詞で電話をかける仕草をしていたが、自分の応援しているアイドルだったためカワイイと思った」
「かわいい。かわいいに尽きる。」等
 ちなみに肯定的な意見を出した133人のうち5人の方が関ジャニの仕分け∞での横山君の発言に触れていました。
f:id:sogabe8:20160119204955j:image
関ジャニの仕分け∞高卒認定試験受験企画より。当時横山さんは32歳。関ジャニ∞にはDo you agree?というグループとして最古のオリジナル曲があります。)

 日本のアイドル産業にはファンがアイドルの成長過程を楽しむという特殊な文化があります。これは女子アイドル界隈において顕著に表れますが、男性アイドルのファンにも多く見られます。その理由の一端として、アーティストとは違い、アイドルは歌、踊りだけでなくバラエティ要素、演技力、そして個々のキャラクターまでもが求められます。個性はファンを獲得するための大切な要素のうちの一つです。先述した横山さんのエピソードも番組内では面白おかしく紹介されていました。「お馬鹿キャラ」という個性に愛おしさ、親しみやすさを感じるファンも少なくありません。そういう意味ではこの肯定率も理解できます。

 逆に否定側の意見には厳しいものからケースバイケースというものまで様々な意見が集まりました。
「歌が人に与える影響は大きいので責任感を持ってほしい」
「自分が分かっていないのに何を伝えたいのか」
「たとえ意味のない曲だとしてもその意味のなさを知りながら歌ってほしい」
「アイドルとしてならよいが、歌手としてそれ以上は見られない」
「盛り上げ系ならよいが、バラード系の曲であればプロとしてキチンと意味を理解したうえで歌うべき」
「理解したうえで歌ってくれていないと心に響かない。その事実を知った時点で心に響かなくなると思う」等
 首が痛いぐらい頷きながら意見を読んでいました。私もアイドルには歌詞の意味をある程度分かったうえで歌ってほしい人です。中には「そんな状況を想像したこともなかった、意味を分かって歌っているものだと思っていた」という意見もありました。

 当然の結果といえばそれまでですが、歌詞がわからず歌っている状態への肯定意見の割合はグループA→B→Cの順番に増えていました。何を歌っているかよりも誰が歌っているかに重きを置いているファンが増えるからだと思います。
 しかし意外なことにグループC(わからない英語詞があっても何もしなかった)のうち65%の人はアイドルがわからないまま歌うことに対して否定的な意見でした。卒論では、この65%の人たちがアイドルの歌詞の内容に興味を持つようになれば、英語学習への第一歩が踏み出せる、と締めました。

 現在のジャニーズにおける英語を見てみると、デビュー組に限っても岡本圭人マリウス葉中間淳太とインターナショナルなタレントがいます。(スライドそのまま利用ですみません)
 このように外国語が堪能なアイドルが楽曲政策にかかわることによってジャニーズソングにおける英語のレベルも上がる、と私は考えています。ネイティブじゃなくても山下智久さんのように英語が堪能な方もいますし!たとえ間違っているへんてこな英語だったとしても「これは間違っている」ということに気づいて考えたところから英語学習は始まります。ということで、ジャニーズソングは十分英語教材になりうる!と、私は思います。

 もはや卒論を書く大学生としてではなく、ただのいちジャニオタとして集計結果を見、考えることが非常に楽しかったです。重ね重ね、ご協力くださったみなさん本当にありがとうございました。
 J-POPの歌詞、アイドルソングの歌詞にはおかしな英語がたくさんですが、英語に対して興味を持つきっかけには十分なり得ます。その上英語が分かるようになってしまえば、アイドルソングの歌詞の変な英語を見つけてクスッと笑うことだってできます。トンチキさが売りのジャニーズですから、これからもたくさん笑わせてくれることでしょう。私はそんなジャニーズが好きです。
 アンケート楽しかったけど大変だったので多分もう2度とやりません!(笑) これを読んだことで英語詞に興味を持ってくれるジャニヲタさんが一人でも増えたら嬉しいなと思います。ここまで読んでくれて本当にありがとうございました。
(追記)
 アンケートの最後、ご自由にどうぞの欄に応援コメントや興味を示した反応をくださった方々、本当にありがとうございました!辛い時読み返して頑張ることができました!ジャニヲタあったかい!><

Me( 2) 通常盤

Me( 2) 通常盤

(勉強になります先輩!)


Hey!Say!JUMP Countdown Concert

f:id:sogabe8:20160101235401j:image

 鉄は熱いうちに打てということでセトリ順に大雑把な感想を書き残しておきたいと思います。以下、いち裕翔担個人の感想です。


◎OP・ウィークエンダー・カモナ

 なんかキラキラしたパレオみたいなものを腰につけていたのでそれがスペシャル感なのかもしれないけれど裕翔くん何回か挟みなおしたりしてたし、二日目昼は岡本さんのに不具合が生じたのか裕翔くんが背中側に回ってじゃれてる振りしながら直してて。夜は岡本さんの正面側に何かが起こったらしくて裕翔くんにそれを見せて、裕翔くんがいつも以上に体ごとくっついてその布が見えないようにしてて。デザインと機能性の面ではあの布いる?って感じだけど岡本さんとの絡み的には本当においしかったですありがとうございました。

◎JUMPing CAR・Viva 9’s SOUL・Ready Go

 謎パレオをむしり取りステージ上に捨ててフロートへ。この歌はファンサ曲にしてしまうのは本当にもったいない。全員が揃わないと車はできないのに>< Viva~も荷台に分かれたフロートの上だと演出に限界があってちょっと残念だった。でも可動範囲が制限されることによって裕翔くん紹介パートの時の表情の作り方が大胆になってて(口で指咥えてセクシーな表情したりとか)変化を感じられてよかった。思わず息をのむぐらいかっこいいのに直後に照れ笑いするからずるいんですよ!

◎Ride with me・Puppy Boo・ペットショップラブモーション

 Ride with meの薮さんと振付のタイミングずらして遊ぶやつ継続されてて泣いた。シンメトリーは勿論のことダンスを全体で見た時のバランスが崩れるからやめてほしいなあ…Puppy Booは途中で消えるしぺトラが可愛いことは地球上の誰もが知ってる。

◎BESTコーナー・7コーナー

 Hey!Say!BESTによる全力の宴会芸ガンバレッツゴーが楽しすぎて死ぬかと思った。30日初めて聞いたとき山田担と二人でイントロドンみたいな瞬発力で反応して拳突き上げてた。7コーナーは裕翔くんの歌は変わってなかったけど、暗闇の中ステージに出てくるタイミングとかが変わっていたので山田さんのパフュームを軽くだけどほぼ完ぺきに踊れている姿とか岡本さんを紹介した後にエアギターやってるのとか見られて本当に良かったです。ただ前へは7の空気感が本当にいい。四人が集まったときその中心を流れてる空気吸ったら20年ぐらい寿命伸びそう。

◎Ignition・我 I Need You

 スタンドマイク曲。手振りが美しい。だいぶ覚えたしメモも取ってるんだけどいかんせん画力がないもので全然説明できない。答え合わせもしたいのでディスク化してください。個人的には「溶けてしまいそう」の手を下ろしながらくるりと一回まわすところと、「もしも永遠や奇跡が」の外側にくるりくるりと回すところと「きっと」の指先の触れていないようで触れている振付です(伝わらない)  我Iは基本裕翔くんを見ている身としてはドタバタ忙しいカワイイ曲というイメージが強かったのですが今回座席の関係で薮しか見えなかったとき薮の我Iが大人のかっこよさにあふれてて死にました。やっぱり裕翔くんは騒がしい(褒めてる)んだなあ…

◎SUPER DELICATE・明日へのYELL

 スパデリの最後一列になって体の向きずらすところ全員山田さんと同じ体勢してるよね?あれなんで?明日へのYELLはAメロの裕翔くんの歌声が聞きやすくなったなあと。ツアーで歌ってた部分は余裕が出たのか全体的にレベルアップしてた気がしました。

◎MC

 セブンイレブンの話が可愛すぎて死ぬかと思いました。悪ノリというよりかは純粋に「俺たちもやってみようぜ!」なJUMPちゃん超かわいい。あとくじ引くためにレジに並んでる図も絶対かわいいしくじの結果に爆笑しすぎて後ろに並んでたお客さんも笑いをこらえてた図も絶対かわいい。2015年のHey!Say!JUMPカワイイエピソードを颯爽と塗り替えてきた感じして大好き。ありがとうございました。

◎314の時計

 時計芸(気づいてる?時計の裏に隠したメッセージのところで自分の腕時計を外し裏面を見てハッとする演技をする芸)楽しんですみませんでした。

◎Fever・キミアトラクション

 「よろしく」!!!!!裕翔くんの「よろしく」!!!!!!!FeverFever!!の謎のあおりが面白すぎたけどいろいろすっ飛ばして大好き。この年の瀬というめでたい時期にやってくれて本当にありがとう。華やかに高らかに錦飾るHey!Say!JUMPかっこよすぎよいよいよい。

 やっっっっっっっとセリフで遊んでくれた!個人的には裕翔くんのセリフが三回とも「俺がナンバーワンだろ?」「俺がナンバーワンでしょ?」って感じに疑問形だったのが度ストライクです。そうですとしか言えません。あと岡本さんが最後だけ日本語になったのも可愛かったです。みんな違ってみんないいわ…

◎Chau#・UNION

 みんな一緒に踊ろうぜー!!!って煽るのに最後の一小節しか踊らないHey!Say!JUMP。

 UNIONは安定したカッコよさでした。

◎YUTO MANIA

 ゆーじっくに対してゆーじっくの声で返すと誰が何いってるか分からなくなるのかわいい。ロミジュリでキックドラムだけになるところでダダダダダッって足動かしながら目を閉じてスティック突き上げるの好きすぎて死にたい。

◎カウコンスペシャルバージョン

 マイク忘れて猛ダッシュで戻る裕翔くんが完全にエヴァンゲリオン。ありがとうは爆笑したし2015年最後に聞くのがマジパになるなんて思ってもなかったですけど裕翔担的には普段ドラムで踊れないのでマジパ踊ってる裕翔くんが見れて良かったです。

 体が勝手に踊りだす〜って感じで超ナチュラルにリアフェ踊るHey!Say!JUMP好きでしかなかった。ドンピシャJr.時代だもんね。岡本さんだけあんま分かんないって感じだったのもかわいい。硝子の少年は流石でした!ジャニーズ!!アンダルシア流れなかったのが悔やまれる。Hey!Say!JUMPだけで踊るアンダルシア見たかった。

 新年一発目のUMPはやっぱりwwwwって感じだけど盛り上がりましたなんやかんや楽しい。さっき本家聞いたばっかりなのにキスマイが歌うUMPもちゃんと踊るJUMP担かわいい。スクガ、本当に不意打ちで叫んで踊ってる間に終わってた。間奏もなしの短いバージョンだったけどJUMP担の盛り上がりを見てJUMPも嬉しそうだったし選曲本当にありがとう!!!ズンドコは宴会芸としてHey!Say!JUMPのカラオケで流行ってほしいです。ア、ズン!ア、ズン!ア、ズンズンズンズン!

◎Chiku Taku

 伊野尾さんのピアノソロが始まった時秋晴れ〜かなと思ったけど、薮光が左右で上がってきた時Chiku Takuだとわかって一旦崩れ落ちました。30日は光、31日昼は薮がちょっと調子悪い感じだったけど31日夜は完全に完璧に美しいハーモニーで死ぬかと思った。(同行の山田担に「私死ねばいいのかな?」って何度も聞いてた)

 薮光コーラス終わった後の最初のダン!って音でスポット当たる裕翔くんが美しすぎてすごかった。そして裕翔くんの「終わる可能性のある恋に意味はあるのかな」です!!!はいチケ代全部ここ!!!ってなった。とにかく裕翔くんが綺麗でかっこよくて最強な曲だった。ダーラスタラッスタッスターの後のウォウウォウの裕翔くんの動きが滑らかだけどメリハリもあって本当にかっこいい!あと間奏でムーンウォークで移動するのも綺麗。最後の決めポーズ前のターンも多分他のメンバーより回数多いけど綺麗に収まってるしほんっとうに国宝級。ソロアングルください。 

◎僕はVampire・Boys don't stop

 リミックスされた「バ」だけでアア…って察するJUMP担超面白かった。こんなにも人を落胆させるカタカナ一文字他に知らない。バッバッバンパ\ピーーーー/っていうあの規制音なんなの!?(笑) メインステージに戻る時僕はVampire!のたびに振り返って歌う裕翔くんがかっこよかったです。

 裕翔くんの色気が増したように感じたボイドン。裕翔くんオリジナルの振りアレンジのスピンとかが増えてて、バレリーノを通してスピンの速度とか軸とかがレベルアップしたのかなと感じました。 

◎Aino Arika・Dreams come true

 この辺の衣装(テロテロの切り替えシャツにタイみたいなやつ)が外回りの営業マンみたいで、それ着て外周回ってるから面白すぎて死にそうだった。

◎Very Very Happy

 胸のタイむしり取ってスタッフに渡す裕翔くん本当にかっこいい。裕翔くんのソロパートの歌い方に余裕が出たというかゆったり歌ってて、ツアーの時はおなかのところに手を置いて、歌うことに集中してた感じだったんだけどカウコンでは客席を見たりカメラを見たり、パフォーマンスとして出来上がってたなあと。ベリーベリーハッピーですよ…山田さんがかっこいいこと言って客席がキャーってなったときオタクのまねしてキャー><って大げさな動きやっててナチュラル失礼推せる

◎キラキラ光れ・愛ing・サム&ピンキー・愛すればもっとハッピーライフ

 愛してる\あ、よいしょ!/愛してる\きょっせら!/愛してる\もう一回!/ 楽しい。

◎ダブルアンコ

 アンコール終わってた時点で1時を回ってて、一回完全に会場が明るくなって規制退場案内のお兄さんが出てきてたのに「ロミジュリ聞かずに帰れるわけがないだろ」というJUMP担の意地でどんどんアンコールが大きくなっていってJUMPが出てきたときの「勝訴」感すごかった。そしてロミジュリが終わった瞬間おとなしく座って規制退場におとなしく従うJUMP担かわいい。お兄さんちょっと面食らってた。

 「お前ロミオ?」芸が好きです。そうです私がロミオです。

 

 JUMPと一緒にカウントダウンするのもスペシャルな公演内容も楽しかったし、公園前に会う人には「よいお年を」公演後に会う人には「あけましておめでとう、今年もよろしく」と話せることも楽しかったです。チケ代全部ChikuTakuとか言ってたけど結局裕翔くんはどの瞬間も綺麗だったので結局防振双眼鏡と仲良しでした。寒い遠い演出が変わってない等等文句を垂れながらも、来年以降もあればいいな、なんて。

 ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

私立恵比寿中学オールアトラクスター

エビ中
f:id:sogabe8:20151213214932j:image
私立恵比寿中学大学芸会2015エビ中のオールアトラクスター!!!二日間行ってました!

楽しかったです!気持ちとかババって残しておきます。いつも日本語は変です。

もうなんていうかずるいよ〜〜!!!
昨日はただただ楽しそうなメンバーと明るいステージ、トロッコから笑顔で手を振る姿に逆に切なさを感じてこんなことを呟いたりしていました

昨日の、トロッコで会場を回りながら歌う手をつなごうとユアマネはそれはそれは楽しそうで誰もがつられて笑顔になるようなそんな時間で、それが今日はまさかの涙は似合わないとフレサイで。
あやちゃんがすうって息を吸った瞬間もしかして、って思ったら「絶対負けない!」だったし(崩れ落ちた)終わってあやちゃんがサイリウム準備し始めた瞬間あっダメだと思ったし(崩れ落ちた)もうそんなの泣くしかないじゃないですか!!

涙は似合わないはやっぱり去年の大学芸会横アリのイメージがとても強くて。8人になって走り始めたエビ中が、転校メンバーが会場にいる中「何度でも立ち上がればきっと神様は微笑むから」と歌うその姿をどうしても思い出してしまって。泣きそうな顔で「笑え 笑え 笑え」と歌う姿を思い出してしまって。今日のみんなはすごく笑顔で、走り出したあの時からもう一年以上経つんだなあ強いなあと改めて実感しました。

フレサイはもう、一昨年のSSAなっちゃんとあやちゃんが大号泣してるトロッコのイメージが強くて。あの時見ていた私はただ大きいステージでこの歌を歌うことに対して泣いているんだと勝手に勘違いしていたけど、本当は終わってしまう9人のエビ中のことを考えながら歌って泣いてたんだもんね、ボロボロボロボロ泣いてたもんね。
さいたまスーパーアリーナという会場に行くのは2年前、9人のエビ中のスターコンダクター以来で、否応なしに思い出してしまうわけで、まだ財布のなかには2年前の落下物のあやちゃんの顔入りお札が入ってるわけで。
でもみんなはやっぱり笑顔でサイリウム振っていて、
「夢見る少女だったころに見た大きなステージで踊る先輩たち 私もいつかあの場所に立つと心に誓った夢のプロローグ」
プロローグはとうに終わっていて、みんな物語の真ん中をまっすぐ歩いているんだな、と。

そしてその後に続くスーパーヒーロー。あやちゃんも最後に言ってたけどこの流れはやばい。ずるい。あやちゃんの目がウルウルしてるなと思ったらやっぱりでした。いや〜あやつはいい歌だ!(©安本彩花
私立恵比寿中学は儚くて脆くて、でも強い、頼れるみんなのスーパーヒーローで。若い女の子に応援ソングとか歌われてもねぇ、って人もいるかもしれないけど経験が多いわけでも語彙力がたくさんあるわけでもないけど、泣き虫でも優しく寄り添える人たちだから歌える歌もあるんだ。飛んできて、手を握って、そばにいてくれて、離れても見つめていてくれるんだ。

ぁぃぁぃが最後の挨拶で「一昨年ここに立った時はその時のメンバーでやる最後の大きなライブだって分かってたライブだった。メンバーの転校をきっかけにエビ中を離れちゃう人もいるって分かってたから、ここに戻ってこれるかどうか分からないなって思ってた。」ってことを言っていて。あんなに細い体でこんなに大きなステージに立ちながらそんなことを考えていたのか、と。それを懐かしむように話すぁぃぁぃは前しか向いてないってことがよく分かる、優しいけれど凛とした表情でした。

ライブ全体の感想で言うとユニット曲のあやちゃんがかっこよすぎて惚れる要素しかないってこととセーラー風衣装が可愛いってこととアンコールの恋〜フユコイ〜PLAYBACKの演出がかっこよすぎるってことと(以下略)
個人的に繋ぎのリミックスがかっこよくて大好きでした。メンバーたちも大学芸会ならではだよね、って言ってたし。あのリミックス技術ジャニーズも見習いやがれ。

紅と白のステージに向けて精一杯サポートしたいです!(何事も風が吹けば桶屋が儲かる的なロジックで捉えればいける)
f:id:sogabe8:20151213214940j:image
女の子はやっぱり宝石みたいで、髪の毛一本一本から揺れるスカートの先まで作り物みたいに綺麗で儚くて、でも限りなくリアルで力強くもあるから目が離せないです。感動をありがとう、二日間お疲れ様でした!

JUMPing CARnival 個人(裕翔担)的ポイント・忘備録

f:id:sogabe8:20150813122446j:plain

 

超楽しい!JUMPのお祭り超楽しいよ!

昨日8月12日の広島公園一日目をもってして私のJUMPing CARnivalツアー前半戦が終了したのでここで感想とかレポとも呼べないような細かいところとか、横浜で注目したいポイントとかを書き残しておこうと思います。九割(もしくはそれ以上)裕翔くん。
セトリ順につらつらと綴るので長いうえにネタバレてんこ盛りです、お気を付けください。

1.OP映像
ハリーポッター的世界観超可愛い。個人的に光の映像の時の懐中電灯の動きとピンスポの動きを楽しみにしてるんだけど、これ一番ぴったり合ってたの初日の仙台な気がする。みんなおお~ってなってたもん。映像と舞台装置がリンクしてるのすごくかわいいし特別感があって大好きです。
2.ウィークエンダー
伊野尾さんと裕翔くんがいつもふざけたり笑いあったりしてるので毎度毎度山田さんの煽りを聞きのがします。そういえば裕翔くんイントロアウトロのあの指の動き変えた?PVとか去年のツアーでは指おろす時もっとくねくねさせてたけど今は「了」に近い。なめらかできれい。
3.Come On A My House
曲中踊ってないときは八割ぐらい飛び跳ねてる気がする裕翔くん。岡本さんとの絡みの可愛さはもちろん、体話した後の屈託のない笑顔がかわいい。大サビで光とくっついてふざけた後高木さん有岡くんと三角形で向かい合って有岡くんのパフォーマンス(有岡くん客席にお尻向けてるけど)に反応する流れ超可愛い。あと光が最後円になるときふざけて近寄ってくるので笑っちゃう裕翔くん可愛い。
4.Ride With Me
昨日、隣の高木くんとすまし顔で視線は合わせずふざけるみたいなことして、移動してる時に表情ゆるめて笑うってことしてて死にました。あとRWMといえば「おそ『れ』るものなんてない」の『れ』で両手挙げる振付の時に薮とアイコンタクトとってふざけるとこ。ふざけた一瞬の後すぐまた超絶イケメンで世界背負ってるみたいな表情で踊るから心臓持たないっす。
5.JUMPing CAR
この世の「カワイイ」をぎゅ~~~~っと集めて煮詰めてジャムにしてピクニックに持って行くみたいな曲。JUMPメンバーみんながパーツを持って並んで一台の車を作ってるんだけどこの演出考えた人天才だと思う。裕翔くんはクラクション(屋台のお豆腐屋さんが持ってるやつみたいな)。エンジン音が鳴ってJUMPがジャケットを脱ぎながら左右に動く(ボキャ貧)イントロだけでも超かわいい。ちなみに車のパーツは舞台上にすでにセッティングしてあって、クラクションは有岡くんのタイヤの上(もしくは薮のタイヤとの間)に置いてあるんだけど。大阪一日目はジャケット脱いだ後そのまま客席煽ってたから昼公演では有岡さん、夜公演では薮にクラクション手渡してもらってたんだけど、二日目からジャケット脱いだら誰よりも早くスタッフに渡しに行ってクラクション取ってから客席を煽るようになってて感動した。そうだよねクラクション先に取らないと下のタイヤ持てないもんね。
個人の振り付けだと大サビの「タイトなビキニ~」の時のカクカクしてるセクシーな腰の動きと直後の「ナイストゥーミートゥー~」の胸の前で手を繋ぐみたいに合わせて前に振る動き(の時にフッと顔を上げる仕草)が好き。あとサビの「スプラッシュ~」からの左右二歩ずつ歩くみたいな軽快なステップが好き。
Aメロ始まる前のダンダンダンダンッ直前に「せーのっ!」て言うのカワイイ。「時は平成ッジャン!ピンパラダイス」のひざを曲げないまま軽く跳ねる振付がカワイイ。伊野尾さんとの絡みもカワイイしフッフー!の横移動もカワイイ。コンサートだとクラクションの音がいろんなところで追加されてるのでそれに合わせて動くのもカワイイ。二番のソロパートの時光と遊んでるのもジャンジャンジャンジャン!ウォ~~~(ぐるぐる)もカワイイ。もうCD音源じゃ満足できないからはよDVD出せソングナンバーワン。早く全世界に見てほしい。
6.Viva! 9's SOUL
裕翔くんの小技(というか小ネタ)が光る曲。裕翔くんが紹介されてる時の表情と動きとにかくかっこいいし薮と並んでモデル体型だわ~ってなるのに直後の岡本紹介で突然壊れるのマジ反則。「交渉人」だけ声変えるときと「海外じゃ~」から変えるときがある。ディスイズケイトォオオォオオォ!知念紹介の「Just moment」「堅実派」「ナンバーワン」薮紹介の「ハイ!」「ナナナナナナナ~」伊野尾紹介の「目指す先」光紹介の「フェイス」山田紹介の「愛と勇気捧げ」「リョウスケェ~」はチェックポイント。軽々有岡さんを持ちあげちゃうパワーとどこか手慣れた様子は何なの?
7.SUPER DELICATE
いつもかっこいいです(割愛)裕翔くんもぼっちやってほしいです。
8.Puppy Boo
可愛くてかっこいいけど小道具がステッキだからかあまりオフィスラブ感は感じられない。「What's happen?」の時ガクンって体勢低くする振付踊ってるけどあれ裕翔くんだけだよね?途中ではけちゃうのほんと悲しいですキスユー見たかった。
9.ペットショップラブモーション
お陰様で白うさぎのグッズに目が行ってしまう毎日です。最初スライディングでセンステに飛び込んでくるときさぞ滑りやすいんだろうなあの服と思いながら見てる。「アッアッアッア~」みたいな音に合わせて全身で人参振るのもステージにゴロンって転がるのもすべてがカワイイ。「寂しいって言わせない\ない!/」っていう謎の合いの手もカワイイ。高木さんに「ねぇ♡」って至近距離でささやかれて毎度毎度とろけそうな表情してる裕翔くん超かわいい。なんで一番図体が大きい裕翔くんの動きが一番女子ドルっぽいのかなと思いながら昨日見てたんだけど手首の動きかなあと思った。手首のクネクネ感でうさぎコスプレを成立させる小動物感を演出してるのかなと。そろそろ魚の代わりににんじんステージに残していってもいいんだよ。
10.BESTコーナー・スーツデイズ
面白いしかわいいんだけどもっともっとアドリブぶちこんでええんやで…!と見るたび思う。昨日の光の「リゾット」すごいよかった!小説家薮の部数も減ったり増えたりしていいと思うし。もっと色々応用して観客のパターン掴んだり対応力鍛えたりしてほしい。私はBESTに何を求めているんだろう…でも絶対面白くなるのに!と歯がゆい感じ。スーツデイズの伊野尾さんと有岡さんの爽やかさはニチアサのそれ。
11.7コーナー・ただ前へ
まだ一度も麗しのBad girlを正面から見れていないので一度でいいので上手側のチケットに当たりたいです。ただ前へで出てきたとき知念そんな大きくなったか?みたいな顔で身長図るジェスチャーする裕翔くん毎回笑う。それタブーだから。ただ前へはやっぱり四人向かい合って歌うところが一番好き。自分のパートをかみしめるように歌う裕翔くんも、三人のパートを柔らかい笑顔で聞く裕翔くんもどっちも綺麗すぎて眩暈がしそうです。順番に指さすところもいいよね、四人とも楽しそうで、好きだけど聞くたび胸が締め付けられるようだったこの曲が今では聞くたびに心があったかくなるようなそんな曲に変わりました。おかげでモニタの写真全然見れないからいつか必ずどこかで全部出してね。
12.我 I Need You
楽しいしかわいいし最強。ヘアメバッチリ女子も双眼鏡女子も花冠女子もみんなして「ナナナナ~」のところで腕ワキワキさせてるのを見るのがとても好き。平和。1234!が裕翔くんのパートで本当に良かった。スタンドマイクから離れかけておっとっと~!って感じで戻る振付が好き。演出も振り付けもみんなのアドリブも好きなのでまるっと恋におちたい。解明できない恋のしょうたぁぁぁぁぁ
13.明日へのYELL
ぁぁぁぁ明日へのエーーール!(by光)(これがないと物足りない体になってしまった)相変わらず明日へのYELL大好き芸人なんですけど、今年の明日へのYELLは去年とは一味違うぞ!(売り込み)まず歌いだしの裕翔くんが生歌です!これ個人的にかなり大きくて、初日聞いたとき「歌ってるううう」ってそのまま泣き崩れそうになった。去年はダンスしてる方はまだしもタオル回してる方でも口パクだったから好きだけどあんまり見返したくないソングになってしまってて。まだCメロと大サビは音源なんだけど、でも口パクしてない!(とりあえず昨日はしてなかった)マイクで声拾われてないけど歌ってるのが確実にわかって、また泣きそうでした。もしセトリに入ることがあったら来年こそはオール生歌に期待。
14.MC
24時間TVが終わればもうちょっとフリートークが増える(はず) ピングレの宣伝しなきゃなのは分かるけど映画の内容じゃなくて撮影時の話とかで何度も同じ質問→同じ答えってやってるの見ると不思議だなあと思う。
昨日(8/12)は裕翔くんの誕生日サプライズをやった関係でだいぶ長くなってたけどあー楽屋こんな感じなんだろうなっていうのがいつもより如実で微笑ましかった。昨日撮影した写真は焼き増しして後日郵送しますとかだったら死ぬほどうれしいのに(絶対ない)
15.3月14日~時計

これ「最初の時計」って読むらしいですよ奥さん。最初はまだイケるけど「~」を「の」と読む発想はなかったわ。もっと頭柔らかく生きよう。毎度毎度アカペラ部分息止めなきゃって思う。岡本さん固定アングルくれ画面分割しろ。
16.殺せんせーションズ
全国いろんな都市にわざわざ乱入しに来てくれるせんせーションズさん超やさしい大好き。ゆ…バレットくんもリズム感すごい良いらしくて、コマンダーさんのパートの時に触手ポーズ(ピース)してる指の片方でめっちゃリズム取ってるの推せる。
17.キラキラ光れ
裕翔くんセンター!衣装暑そうだけどあれ着こなせるのJUMPぐらいなんだろうなって見るたび思う。伊野尾さんによる『裕翔みたいな華麗な足上げにチャレンジ!』コーナー繰り広げられててカワイイの極み。裕翔くんが真正面向いて歌ってる時も伊野尾さんが必死に足上げて裕翔くん見上げてるのよく見る気がする。あの二人を隣同士に配置してくれた人に感謝。間奏の裕翔くんのダンスがシャカリキすぎて山田担に「あれオリジナルじゃないよね?」って言われた。私にもわからない。
18.Chau#
きました甘フワな時間~!薮光有岡くんがUNIONで抜けるので大サビに裕翔くんのパートが増えてる(「繋いだ手」と「君との出会いにセレブレイト」)んだけどそこがまあ可愛いのなんの!ファンサ曲になってるけど本音を言うなら踊ってほしかったです。
19.UNION
薮担息してる?三分割されてるモニターのどれもが吸引力がすごすぎて圧倒されて結局薮ばっかり見てしまう。
20.ヨワムシ★シューター
開演前のペンラ振り指導(という名の脳内占拠ソング)のおかげでJUMPも楽しいしJUMP担も楽しいハッピーな曲。全然歌詞頭に入ってこないけど。間奏で光が裕翔くんのドラムの上に乗って演奏することがあるんだけどその間裕翔くん超楽しそうでずっと光見ながらドラム叩いてて可愛い。それを見たいがためにペンラつけるやつあんまり参加しなくてごめんなさい…終始裕翔くんが楽しそうで世界平和な曲。
21.Yuto-mania
ゆーじっくと裕翔くんの掛け合いからもうかわいい。「だって♡」とか「お願い♡」とかゆーじっくの「うふふ♡」に対して「うふふってなんだよ」って返す裕翔くん天使。ゆーじっくの声誰があててるのか分からないけどもし裕翔くんがあててるんだったら裕翔くんと裕翔くんが話してることになってそれはそれで天使。
嵐のHappiness、TOKIOのLOVE YOU ONLY、関ジャニ∞のLIFEをドラムで叩いてる裕翔くんずっとパンパンって口ずさんでてすごく楽しそうで何回見ても飽きません。そろそろ飽きたんだけどっていう他担さんいらしたら声かけてください『ここが楽しいYuto-mania』ポイントお伝えします。
22.光の演出
裕翔くんいないんですけどすごく好きです、このコーナー。三食団子みたいな形と色(明るいところで見ると)の光源を持って回したり動かしたりで残像を楽しむものだと勝手に思ってるんだけどこのコーナーは絶対モニター通さず肉眼で見た方がいい。昨日モニターを通してみてみたら残像の残り方が全然違って幻想的じゃなかった。ディスク化する際は映像に少しぼかしいれるとかしてできるだけ会場で見てる状況に近づけてほしいな…これはBeat Lineの裕翔くんの光るスティックでのドラムロールのところもそう。モニター見るより遠くても肉眼や双眼鏡で見た方が絶対かっこいい。あとちょっと目を細めて見ると残像が虹みたいでもっと綺麗です。
23.Beat Line
センターから上がってくる裕翔くんめっちゃかっこいい。ヘイヘイヘイ!あとやっぱり裕翔くんと薮様かっこいい。Aメロで一国築かれてる感じある。ドラムロールに関しては前述の通りの感想です。
24.愛よ、僕を導いてゆけ
真っ白な衣装に赤いスカーフほんと反則、かっこいいしかない。しかも口にくわえて引き出すときのあの色気と射るような目線がセクシーさと強さを醸し出しててイントロでもうノックアウトです。昨日裕翔くんスカーフ出す前に一回引っ張るとこ咥えてちょっとだけ引っ張り出してて一粒で二度おいしいみたいな状況になっててハッピーでした。
あとやっぱり真ん中三人(中島山田薮)と外側の六人とで振付違うね!センターサークルとその周りで回転する方向が違って、振り付けも全然違って、でも全然バラバラに見えなくてかっこいい。外側の六人が二人ずつ対になって踊ってる時があるけど六人は同じ振り付けで内側は一人が歌って二人は花を添えるように踊ってて本当にかっこいい、目が足りない。裕翔くんの動きの美しさも見たいし表情も見たいしでも全体としての美しさも見たい。目が足りない。「君のかじかむ手を」の手のひらにスカーフを滑らせる振付と「You&I 妄想じゃなくて」の跪いてステージを叩く振付がダントツに好き。
25.Boys Don’t Stop
激しいダンスナンバー。「オッオッオオーエーオー」の振り付けが好き。一回目は体の滑らかな動き、二回目は動きの機敏さとキレに毎回びっくりする。「ボイオイオイドンストップ」で髪をかき上げる裕翔くんは国宝。瞬きできない。網膜に焼き付ける術を身に着けたい。
26.AinoArika
ファンサ曲。最後のサビだけバクステで踊ってくれるんだけど本当に隊列がきれいなのでぜひフルで踊っていただきたい。「想定外の」の「そーう!」でちょっと跳ねたりする裕翔くんが可愛い。
27.Ultra Music Power
冒頭の「J!Johnney’s!」でバクステの固定カメラにアピールするのがお気に入りの裕翔くん。基本的に逆境だけどカワイイので許します。光が隣に来て一緒にアピールしてくれることもあり。大サビのセンステで謎の劇場が繰り広げられたりラップで光が誰かに振って遊んでたり(昨日のありいの交互ラップは超笑った)可愛いけど全然曲が耳に入ってこない。
28.Very Very Happy
大天使みたいな衣装でああJUMPは天界から来たんだなって…大団円!って感じ。静かにターンしたり肩についた羽根ふうって飛ばしたり「イェー!!」の時両手上げて目思いっきり閉じた超可愛い笑顔してたりミディアムバラードなのに目が離せない裕翔くんすげえ。おなかに手当ててやさしい笑顔で歌い上げるソロパート聞くたびに泣きそうになります。超超幸せ。(和訳)
29.Dreams come true(アンコール)
大阪公演でVVHでステージに落ちてる羽根拾って耳につけた裕翔くん超天使だった。スタトロに上がるまでの速度がすごいので裏ですごい勢いで走ってるんだろうなと思っている。
30.愛すればもっとハッピーライフ
「心の中のモヤモヤが…あっ晴れた…モヤモヤ晴れた…」
31.Romeo&Juliet(ダブルアンコール)
曲紹介が岡本さんに振られた時点で「ああ…」って察する会場面白い。仙台では裕翔くんの「えっお前ロミオ?」「えっお前もロミオ!?」っていう謎の合いの手があって面白かったです。ロミオ多すぎっていうけど周り全員ジュリエットだぜそっちの方が怖いだろ。
最後ハケ際でのご当地ネタも好き。

 

こうやってまとめると自分がどれだけJUMPing CAR好きなのかがよくわかりますね。こないだ少クラで披露したトビラの向こう見ててわちゃわちゃ楽しい雰囲気と遊び心のある音が好きなのは昔からだなと改めて思いました。
全体を通してのコンセプトはCARじゃないしOP映像と光の演出以外そこまでCARnivalってわけでもないけど個人的にすごく楽しいコンサートです。何より去年より生歌の割合が大きいのが嬉しい!音外してもいいから生歌派です。


広島入る前は次横アリだなんて遠すぎ死にたい9月の現場弟の文化祭しかねえ死にたいって思ってたけど裕翔くんバースデーで満たされたので心安らかな気持ちで10月を待とうと思います。名古屋や北海道でこの裕翔くんやばかったよ!!ってのあったらツイッターのほうにご一報くださいませ。
あーでもやっぱり早く10月来い!俺の防振双眼鏡がウズウズしてやがらあ!

 

アイドル産業における逆転現象について

エビ中 ジャニーズ

現代社会における逆転現象について

 

「アイドルにおける逆転現象」

 今まではコンサートやライブ、イベントなどにファンが行き、アイドルを「鑑賞する」「見る」というものがアイドル産業の根本にあった。しかし現在「会いに行けるアイドル」というコンセプトのAKB48の台頭をきっかけに、ファンが「見てもらう」「覚えてもらう」と言う行為を求めてライブやイベントに通う、という逆転現象が起きている。

 

 たとえば最近の女性アイドルなら一度は行っているであろう握手会、2ショット会、ハイタッチ会などにおいて、熱狂的なアイドルファンたちはいかにして自分のことを覚えてもらうか、印象付けることが出来るかと言うことに重点を置いている。CD一枚で15秒しか話すことが出来ないなら同じCDを何枚も何枚も購入し、30秒、45秒、5分、10分と自分の持ち時間を増やすのである。また他の追随を許さぬほど大量に購入しアイドルとの時間を楽しむファンは、ファンの間でも有名になる。彼らは「強オタ」「TO(トップオタの略)」と称されることもある。TOは古参(古くからそのアイドルのファンである人)も兼ねていることが多い。こうして彼らはアイドルに覚えてもらえている自分に喜び、毎度同じ服を着て現場に現れ、妙な言動で周囲に驚かれることに優越感と高揚感を味わうのだ。

 こうした流れの中、アイドル本人たちもファンの顔を覚えるのに必死である。めまぐるしい人の流れの中で30秒ずつ三回話した相手に「俺のこと覚えてる?」と聞かれるのである。記憶力が良く、以前話したことを覚えていてくれたりするアイドルは好感が持たれる。現に、先日のAKB総選挙で二位を獲得した柏木由紀は「握手会の女王」と呼ばれ、握手会での対応が非常に良いことをきっかけに現在の順位に上り詰めたと言っても過言ではない。

 

 このような風潮は女性アイドルだけに限らない。男性アイドル(ここでは基本的に握手会などを行わないジャニーズを例とする)産業においてもファンの「見て欲しい」「覚えて欲しい」という感情が渦巻いている。

 ジャニーズアイドルのコンサートでの応援グッズの定番にファンが思い思いにデコレーションを施した団扇がある。基本的によく使用されるのが応援するタレントの名前を大きく書いた名前団扇である。次いで多いのが「ピースして」「撃って」など、タレントにやって欲しいことを書いたファンサ(ファンサービスの略)団扇であろう。ファンはこの団扇を使ってタレントに対して自分の気持ちを伝えるのである。

 若いジャニーズタレントのコンサートで多いのが「四連団扇」というものである。一人が物理的に持てる団扇の限界は一本の手に一枚ずつの二枚であるが、団扇の面の部分同士を裏で貼りつけ、巨大なオブジェ化させてしまったものが四連団扇である。もはや団扇としての基本的な機能は果たさない。ファンはその四連団扇に自分だけのそのタレントの二つ名のようなもの(例:〇〇くんの小顔な部分が好きならば「小顔〇〇」、××くんのまつげが好きならば「睫毛××」など)を書く。このような団扇を作るファンたちの間ではこれらの二つ名は被り禁止とされており、自分だけの、に非常にこだわる。そして完成した団扇をコンサート中タレント本人に見せ、覚えてもらおう、反応を貰おうと躍起になるのである。これらの行為のためによりタレントに近い前列のチケットを手に入れるファンも少なくない。

 

このように、「見る」「鑑賞する」対象であったアイドルに対して「見てもらう」「覚えてもらう」という欲望をぶつけるファンが生まれるという逆転現象がアイドル産業において起こっていると私は考える。

 

 

 

「現代における逆転現象について」というレポートを課せられたついでにブログにも残しておこうと思って。私は否定も肯定もしませんが自分を見て欲しいという自己顕示欲のために他の人がアイドルを楽しむ権利を奪ったりすることに対しては完全に否定派です。

 

 

JUMPing CARを聴いて

ジャニーズ

 

f:id:sogabe8:20150628194016j:plain

Hey!Say!JUMP 4th Album JUMPing CAR を聞きました。以下、偏りまくりの感想です。

 

1.Fantasist

いやまじでエビ中の校内放送始まるかと思った。ジリリリリ。

生活音から後半に連れ不穏な雰囲気に変わっていくのかっこいいですね。

 

2. JUMPing CAR

アルバムリード曲なのに全然披露してもらえなかった悲しみを背負った陽気なドライブソング。薮の「海岸線をCruise」の低い声がたまらないです。「真夏のSweetest honey」の下ハモもつい聞き入っちゃうぐらいかっこいいです。光がUNIONメイキングで言ってた薮の声の色気って言うのはこういうことなんだろうなあと。帝王め。

二番のジャン!ジャン!ジャン!ジャン!でマリオのジャンプ音重ねてあるのすごい可愛くて好き!

 

3.Walk

 歌詞カード見たらすごいシンプルでびっくりした。もっとゴテゴテ色々載せられてるかと思ってたので好感度アップ。内容は良くも悪くもアイドルソングって感じかな…二人で過ごせる些細な日常に感謝系ソング。伊野尾さんの「風の匂いも」がすごい鼻声に感じて癖になってます。「歩こう 並んで」「歩こう このまま」が進化しつつもペースを崩さず自然体等身大なJUMPっぽさあるなと思います。

 

4.SHen SHera SHen

一度聞いちゃうと離れられなくなるシェンシェラシェンゲパンダリロンの呪い魔法。気が付いたらシェンシェラシェンゲパンダリロン。深読み厨だから呪文も読み解きたいけどお手上げです。合言葉ってキーワード通りなのかな。中学高校でニコニコにはまってた人間としては「パンダ理論」ってすごい夢ある。パンダヒーローとかあったじゃん。音も流れも爽やかで涼やか。指先が綺麗に見える振り付けを付けて欲しいです。

 

5.ウィークエンダー

 

6.キラキラ光れ

アルバム露出曲。こんなに真昼間なイメージの曲(PVも)なのに始まりは夕方なんだよね。遊びから帰って来た子供を出迎えて晩御飯のカレー食べながらその日合った楽しかった話を聞いてる、って流れなのかなと勝手に思ってます。とにかくPVが可愛かったのでなんかもう全部チャラ。最初はHey!Say!JUMPが大人側なんだなあ、と思って聞いてたのにPV見てからキラキラな子供たち(Hey!Say!JUMP)を見守る歌としか思えなくてつらい。

 

 7.愛よ、僕を導いてゆけ

Hey!Say!JUMPのアンダルシア枠!重苦しくて切なくてでもフラれるジャニーズソング大好き!ムーディーで少し暗い雰囲気でとても好きです。メンバーが言うほど歌謡曲感を感じられなかったのはテイチク育ちだからなのかな。サビのメロディがとても好き。Walkに引き続き伊野尾→有岡→山田の流れが綺麗。

 

8.Fever

初めて聞いた時から思ってるんだけど深夜アニメのOPで使ってほしい。いろいろとぴったり過ぎる。最近流行りの戦国武将タイムスリップもの+アイドルものでどう?現代にタイムスリップしてきた武士たちがアイドルグループ組んで天下統一するストーリーでどう??

f:id:sogabe8:20150628202608j:plain f:id:sogabe8:20150628203049j:plain

ビジュアルイメージはこんな感じで。アイキャッチとか。「夢を打ち上げろ」の夢はアイドルとしての大成だし、「心に秘めたるエンブレム」はそれぞれの家紋でしょ?「誰もやってないようなエンターテイメント」はアイドル武士としてのパフォーマンスだし「錦飾れ」は来たる天下統一の日でしょ?もう私の中で出来上がってしまってつらい。

超どうでもいいけどOPの最後「錦飾れよい!よい!よい!」は

f:id:sogabe8:20150628205657j:plainよい!

f:id:sogabe8:20150628205659j:plainよい!!

f:id:sogabe8:20150628205103j:plainよい!!!

でだんだん増えていって最後ダーンってなってほしい(ボキャ貧)

 

9.Boys Don't Stop

裕翔くんのボイ⤴オイ⤴オイ⤴ドンストップ⤵が好きでたまらないです。男の子は何処までも何処までも進んでいくんだな、といった印象です。 ゆらゆらした音程とか加工されたデジタルな声とか、不安定で何者にでもなれるような感覚を表してるのかなと。

 

10.Dangerous

僕はVampireみたいな、と散々刷り込まれた後に聞いたのでそれ以上の感想があまり出てこなかった。音も重くてミステリアスでかっこいいです。「溢れそうな愛しさに」のとこの音の下がり方が好き。しかしVampireといいDangerousといいHey!Say!JUMPは一番大切なことは連呼しまくって教えてくれます。分かった分かった危ないんだね!了解!

 

11.Chau♯

 

12.ヨワムシ★シューター

明るいブラスの音が印象的。王道アイドルソングって感じ。何にシュートするんだろう?舞台が海ってことは分かった。これから夏、ってとこ?バンドでやってるところが想像しやすいなと思いました。

 

 13.明日へのYELL

 

14.Farewell

イントロのスピード感がすごくて「ヒャダイン先生!?」って思った。違った。ごきげんよう、っていうよりはさらば!って感じ。大サビでパンケチャしたい。

 

15.Very Very Happy

バラードのんびり聞くの苦手であんまり聞き込めてないんですけど多分ツアーで聞けば聞くほど印象に残るようになるのかなって。思い出とかそういうの載せてく歌だと思う。

 

16.殺せんせーションズ (Hey! Say! JUMP ver.)

ヌルフフフ~~×9でむwwかwwつwwくwwってなりました。歌割やアレンジ替えてるの面白いしなんか違う曲に聞こえる。 

 

17.DISCO JOCKEY!!!

裕翔くんのソロパとか何も関係ない話をすればこの曲が一番好きかもしれない!とにかく音が好き。ハマオカモトさんのベースもかっこいい。あとありひかの安定感がほんとにすごい!二人のペースに全てを委ねられる感じ。全員分の「君は綺麗」を披露していただかないといろいろ困るのでコンサートでは是非フルでお願いします。

 

18.UNION

ずるい~~~~かっこいい~~~~~ずるい~~~~~~~ずるすぎて泣きたくなるのでPVはまだ一回しか見れてません。薮の帝王っぷりがいかんなく発揮されてるし光のプロデュース力も有岡さんの順応性もすごい。光「薮を歌わせたい」に全私が泣きましたどうも亡霊です!!薮が「流れる旋律 迸る旋律」を思いついたというその瞬間の表情を見たかった。

 

19.ペットショップラブモーション

可愛さが致死量越えてる。ピコピコ音もかわいいし歌詞も可愛いしなにより歌ってる本人たちが楽しそうすぎて可愛い。伊野尾さんに合法的に「ニャア」って言わせただけでほんと天才。高木さんの「ワン」の歌い方が「わふっ」って感じだった。ペットショップにいるはずなのに「朝まで付き合ってやんよ」とか、「連れてって連れてって」言ってるのに「そろそろ連れてかれちゃうかも…」「えっ」「えっなんで…」「まじ…」って全然喜んでなかったりとかいろいろ気になるけどかわいいからオールオッケーです^^四匹まとめてお買い上げです^^

 

20.3月14日 ~ 時計

前述のとおりバラードをじっくり聞くのが苦手なもので全然聞けてないです…「季節が巡って大人になるほどほろ苦い愛になってくのかな」って年齢が上がれば上がるほどバレンタインのチョコが甘さ控えめになってくのにかけてるんでしょうね。もっともっと重い歌かと思ってたけど意外とすんなり受けとめられた。

 

21.Viva! 9's SOUL

有岡さんでオチを作るのはまあいいとして紹介すらしないというのはいかがなものか!有岡さんの紹介した後で有岡さんがもっかい知念さんを紹介しそうになって止められる…って流れでもよかったはず!(ぉこ)紹介ソング楽しかったけどそれがどうも心残りです。

 

22.Puppy Boo

社会人になったらこんな恋愛ができるんですか?ソング。ポポロでこんな感じのグラビアあったよね。JUMPちゃんたちは女の子をコロコロしてるみた~い♡ってキャッキャしてたけど、実際は女の子にいい感じに振り回されてるのに気付いてないっていう可愛い男の子の歌かな、と言う印象。私は男心が分からないけどJUMPちゃんも女心(というか強かさやしなやかさ)は一生分からないんだろうな可愛いな、と思いました。

 

 凄い長くなった…全体で見るとsmartに比べて曲ごとの個性は弱いのかなと言った印象。聞いてる間はこの曲好きだなって思うけど後からどの曲だったか思い出せない。多分当分イントロドンできない…曲名覚えられない…でもどの曲も今のHey!Say!JUMPって感じがして好きです。

誰かにオススメするなら初回1かな。PVメイキングかわいいし座談会面白かったので。座談会で全部の曲の話でてるしあれ見ればみんな結局全部買うでしょ(ドヤ)

 

JUMPing CAR 【初回限定盤1】(DVD付)

JUMPing CAR 【初回限定盤1】(DVD付)

 

 

やっぱ女の子ってすごい

エビ中
今口を開けばあやちゃんかわいい大好きしか出てこないので電車の中で頑張って口を閉じています。私立恵比寿中学春ツアー 5/20 NHKホール公演に行ってきました!

こないだ文句垂れまくりエントリ(厄介が死ぬほど厄介だった話 - 冷たい魔法の街)をぶん投げてしまったので楽しかった思い出もたくさん書こうと思います。

大漁恵比寿節の大サビとか、バタフライエフェクトとかかっこよすぎて何度か倒れそうになった(本当)スターダストライトも久々に聞けて嬉しかった…でも一番グッときたのはどしゃぶりでした。普段インディーズアルバムの音源で聴いてる「エビ中ボーカロイド」時代のあやちゃんとは全く違う、表現者としての安本彩花がそこにいて。二番の「ふざけてじゃれ合う彼と彼女の 見たことないその笑顔」のパート、ボーカロイドでなくなったあやちゃんは「彼」より「彼女」の方を強く歌っていました。ここどこを強く歌うかで主人公が何を悲しんでいるかのニュアンスとか全然変わってくるなと個人的に思ってるんですけど、あやちゃんはそっちなんだ、と思って。グッときた。(ボキャ貧)

あとやっぱり誘惑したいやのぽーちゃんは良い!去年のファミえんのエントリ(ここに神はいない。私立恵比寿中学ファミえん2014感想 - 冷たい魔法の街)にも書いたけど、九人時代と全く違う曲に仕立てているのがぽーちゃんの表現の仕方だと思ってて。無邪気で明るい、恋に落ちてしまった!な女の子。これからぽーちゃんが「中学生の女の子」からどんどん成長して行った時この歌がどう変化するのか、すごく楽しみです。

タイトルにした「女の子ってすごい」は歌い方の話です。ジャニーズにも失恋の歌とか切ない歌とかたくさんあるんだけど、それをライブで歌ってるのを見てるんだけど、やっぱり感情の入り方は女の子の方がすごい。(エビ中は完全生歌っていうのも関係あるのかもしれないけれど)本当に胸が締め付けられるような表情で、声で歌うんです。やっぱり女の子は感情豊かで演技とかそういうの上手なんだなって改めて。フユコイとかアンコールの恋とか。どしゃぶり歌いだしのひなたなんてちょっとした寸劇だよ!男性アイドル(私にとってのサンプルはジャニーズ)の失恋ソングは過去を後悔してるような歌が多い気がするんですけど、女子ドルの失恋ソングって辛い恋をしてる女の子の今その瞬間を切り取った曲が多いのかなって。そんな切ない表情を見せてた女の子が数分後には顔くっしゃくしゃにした笑顔で歌ってるんだから惚れるしかないよね\惚れたー!/

MCでは真山さんがモー娘。という単語を出した瞬間一人でTIKI BUNの振り踊ってるあやちゃんが可愛いの塊でした。あとアンパンマンになりたかったりななんのくだりでりななんが「パン!の!あの…」って固有名詞出さないように考えてる時間髪入れず「ああ丸顔のヒーローね!」って言ったあやちゃん超面白かった。あやちゃんさりげなくdisってて笑った。

今日も三階席の中ほどというステージからはだいぶ遠い席だったんですけど、角度がある分こないだよりも長く目で追うことができました。左右にモニターもあったし。とりあえずあやちゃんすごいかわいい…始まるととても暑くてすぐもみあげあたりの髪が張り付いちゃってて、それが見える角度だと途端に超イケメンなんですよね、心臓もたないもたない。

いつも一緒な友人が体調不良でツイッターで声かけていただいた方と連番したんですけど始まる前に「うーんあんまり振りコピとかしないです」って言ったくせに始まったら自分めちゃくちゃ踊ってて申し訳なかったです。終わった瞬間謝りました。あんま自覚なかったんだけど私踊ってるわ。

f:id:sogabe8:20150520223031j:image
すごい楽しかったので6月のチケットもなんとか探したいなと思ってます。

厄介が死ぬほど厄介だった話

エビ中

f:id:sogabe8:20150506091457j:plain

5/4私立恵比寿中学春ツアー名古屋公会堂公演、一階右手後方の席でした。私たちは女オタ二人連れでした。地獄でした。

もうとりあえず忘備録ってか残しておきたいだけなので読みやすさとかあんまり考えずに書き留めます。乱筆お許しください。
 
まず席に着いた時点で周囲がかなり盛り上がっていて。前の列左側二人と、三人ほど飛んで一人。私たちの列を挟んで後ろの列右側に二人、そのさらに後ろの列に三人ほどいたのかな?どうやらその人たちが知り合い同士で、偶然席が近くになってしまったという話を大声でしてました。まあそのぶんにはいいけれど、そこから騒ぐ騒ぐ。間に挟まれた人たちの事なんて一切考えてないかのような大声で「この辺厄介固められてんじゃねーの!?(笑)」とか。ふざけんなこちとら優良なドルオタだ。あとライブの演出のネタバレも。(私と友人は今ツアー初参戦)勿論もう何公演も演った後なのでネタバレするなとは言えません。でも周囲が30人には聞こえるであろう大声で喋る必要ある???
始まったら後ろの人たちがまあ喋る喋る。ぁぃぁぃの恵比寿節の初めのとこでもずっとくっちゃべってて。あと真山のラップのとこもずっとなんか叫んでて一切聞こえなかった。コール一つ間違えただの何だの。ライブはてめえのコール発表会じゃねえぞ。わたしはかわいい女の子を見、かわいい女の子の声を聞きに来たんだぞ。あと定番なのか知らないけど皆さん一緒にお願いします、の自己紹介のたびに「しょうがねーなー」って言うのクッソうざい。かっこいいとでも思ってんのかな。今後二度と聞きたくない。
 
ライブにおけるコールの大切さは分かっているつもりですし、会場が一つになるようなあの瞬間がわたしも大好きです。でもただ大声を出すという事が自己顕示欲を満たすためだけなのだったら本当にやめてほしい。みなさんこーんにーちはー!に対してあの席から「俺ここー!」って言う必要ある?わたしはあなたの声を聞きにチケット代を払ったわけではないのです。今回の席はステージから遠く、周囲のお客さんの背が高かったためほとんどエビ中は見えませんでした。だから本当に、声だけなんです。でも後ろから聞こえてくる半笑いの喋り声と不必要なコールが嫌で嫌で、何度か耳を抑えました。わざわざライブに来てまで何をしてるんだろうと泣きたくなりました。
 
あやちゃんの体調不良も勿論悲しかったしいろんな事考えちゃって辛かったけれど、今回のライブで一番辛かったのは心の底からエビ中を楽しむ事ができなかった事です。
NHKホールでは心から楽しめるように、たくさんエビ中の声を聞けるライブになるように祈っています。

カラフト伯父さんを観劇してきました。

ジャニーズ

f:id:sogabe8:20150428190959j:plain

  私が使っている家計簿アプリには「ジャニーズ」と「文化」という出費カテゴリがあるのですが、今日のチケット代をどちらとして登録するか迷っています。とても良い舞台でした。東京グローブ座で公演中の伊野尾慧主演カラフト伯父さんを観劇してきました。4月28日昼の部、当日券です。以下、舞台の内容のネタバレを含むので悪しからず。台詞等々うろ覚えの箇所もありますがご容赦ください。

 

 舞台は10年前に大きな地震の被害に遭ったある街の、地震で壊れた屋根がそのまま残る寂れた鉄工所。そこに一人で暮らす徹(伊野尾 慧)のもとに、借金取りに追われる父(升 毅)とストリッパーの女(松永玲子)が転がり込んでくる。
かつて、母が別の男と再婚した後、時々自分に会いに来る父を幼かった徹は「カラフト伯父さん」と呼んで慕っていた。だが、母の死を看取らず、震災の時も何の手助けもしてくれなかった父に対し、やがて激しい憎悪を抱くようになっていた。手を差し伸べてもらえなかったことへの絶望や怒り。今も生々しく残る地震への恐怖。多くの人が亡くなった中、自分だけが生き残ってしまったという罪悪感……。
さまざまな思いや震災で受けた心の傷に悩み苦しみ、将来への希望も無く生きる徹だが、父たちとの暮らしを通して少しずつ心を開いていくが……。

(カラフト伯父さん公式HPより)

 

 「ほんたうのさいわひ」を探し続けていた徹の日々はカラフト伯父さんが想像していたものよりもっともっと孤独なものだったと思います。伯父さんは母を亡くした子供を慰めるために「お母さんはほんたうのさいわひを探しに行ったんだ」と話したのかもしれないけれど、それって徹と母が過ごした日々は幸せではなかったということとイコールになり得ると思うんです。お母さんは伯父さんに「幸せだった」と言い残してたのにね。なんて残酷な言葉なんだろう、と。

 徹のカラフト伯父さんへの頑なな態度は信頼し尊敬していたヒーローであるカラフト伯父さん・実父の裏切りから。なんでもできるヒーロー像の失墜から徹の心に闇が広がっていく過程を独白するシーンの伊野尾さんの演技は、ものすごい迫力でした。舞台上で一人スポットライトを浴び、軽トラの二台で震災時の苦しみ、生き残ってしまったことへの後悔を叫び糾弾するように、しかしどこか落ち着いた声で吐き出していく一連の流れは思わず鳥肌が立ちました。勿論コミカルな演技も可愛かった!拒絶しているようで優しさが残る徹の独特な人との距離感の保ち方は伊野尾さんならではの作り込みだったと思います。

 

 これは超個人的な感想であり、多分演出家が伝えたかったこととはずれてると思うんですけど、「子は親を選べない」んだよなあ、と何度も思いました。というのもまず冒頭で徹が一人で住む鉄工所に転がり込んでくるところからその横暴さに呆れてしまって、なに父親面しとんじゃと徹にめちゃくちゃ感情移入してしまっていて。いつの間にかストリッパーの女と逃避行してるし、謝ればすむと思ってるところあるし(そして仁美は「許してあげてよこんなに謝ってるんだから!」とか言っちゃうタイプ)。あと徹がカラフト伯父さんに助けを求めて泣いていたことに対してカラフト伯父さんの言い訳が「俺にだって生活はある」*1って、なんてひどい大人なんだろうと思って。最後徹と仲直りして出てきたときは徹の心超広い!と思って感動しました。あと仁美のお腹から生まれてくる赤ちゃんもなかなか人生ハードモードですよね…

 

 午前中にフラゲしたChau♯のPVを見ていたときや劇場前の大きなポスターを見たときは「ああ今日も伊野尾さん綺麗なお顔だなあ」なんてのんびりした気持ちでいたのですが舞台が始まり車のヘッドライトに照らされながら*2現れた伊野尾さんは完全に寂れた鉄工所で働く職人で。顔が綺麗とか一度も思わなかった。貶してるとかじゃなくて、なんだろう、顔が綺麗とかそういうことに気を回す暇がないぐらい引き込まれてました。私の視力が悪いのと一階最後列だったのも関係するかもです。あっでもカーテンコール、優しいほほえみでピシッと気を付けをして会場を見回していた伊野尾さんは勿論超がつくほどお綺麗でした!

 

f:id:sogabe8:20150428191009j:plain

  当日券に並んでいた時思わず写真を撮ったぐらいとてもよく晴れていたのですが、舞台上は冬。クライマックスの出発に向けてどんどん会場内の温度が下がっていく演出や少しずつ夕日が沈んで暗くなっていったりする演出で、徹やカラフト伯父さんや仁美はどこかで生きている、と強く感じさせられました。

 

諸々が許すならもう一度いろんな表情に注目しながら観劇したいぐらいです。今日のチケット代は「文化」で登録したいと思います。

 

 

*1:この受け答えは結構序盤にあったので後半同じ質問をされたらまた違ったかもしれないです

*2:客席からだと逆光で顔がよく見えない憎い演出

担降りしました。

ジャニーズ

 

担降りしました。この7文字がことの全てです。本当はブログにエントリする気はなかったんですけど140字連投だとうざいかなと思ったのでこちらに。降りた理由とかあの頃は(ハッ!)みたいな文章は書きませんが、感情の区切りとして残しておくことにします。

 

f:id:sogabe8:20140609193709j:plain

結論から言うと、関ジャニ∞安田章大さんから、Hey!Say!JUMP中島裕翔くんに担降りしました。去年の春から夏に切り替わるぐらいの季節、いわゆる別垢を作っていました。今のアカウントで裕翔くんに関して呟いていたら悪口を言われたからです。(縁切りLINEも来ました。askにも色々来ました。テヘ♡)ということでツイッター上で二足のわらじジャニヲタ生活をしていたのですが、先日どちらのアカウントもフォローしてくれている友人に「最近別垢にいることの方が多いよね」と言われ、その事実にやっと気づきました。

「36」「349」

前者が今年2015年に入ってからの二ヶ月で私がエイトのアカウントで「安田」と呟いた回数です。もうお分かりだと思いますが後者は二ヶ月で私が別垢にて「裕翔」と呟いた回数です。(リプライやコンサートのレポも含む)

私はバリバリ文系マンなので数字とか苦手なんですがここまで差が出るとさすがに認めざるを得ないな、と思いました。

 

私にとって担当とは「お金や睡眠時間を削っても見たい人」です。地方暮らしが長かったのでジャニーズは「見る」ものというイメージがなかなか抜けないです。

この方の定義をお借りするなら「うちわを持ちたい人」が担当です。この二つの定義をもとにしても、私の担当しているグループは関ジャニ∞ではない、と感じています。

どうして関ジャニ∞、安田さんから目を離すことになったか、なぜHey!Say!JUMPや裕翔くんに引き寄せられたかを書く気はありません。askで聞かれても答えません。墓場まで持っていきます。(仲いい人には話してますがネットの海に放流するのは怖すぎるよね)

 

勿論関ジャニ∞は好きですし、今のアカウントを消すつもりもありません。ここ最近のようなジャニヲタつぶやきを続ける場になると思います。関ジャニ∞に関しても呟きます。エイトの映像や番組とか見て騒ぐこともあると思います。FCも抜けないので行けたらコンサートにも行きたいです。(アッやめて石を投げないでッ)大きく何かが変わることはありません。ただ呟いている本人が「安田担の曽我部」ではないということだけです。それが気に入らない、どうしても許せない、という方はお好きに対処していただければと思います。私をフォローしてくださっている方のほとんどがエイターさんなのに、こんなアカウントになってしまって本当に申し訳ないと思っています。

別垢に関しては気付いているよって方はそちらでも仲良くしてください。(自分で言うのもなんですけどスゲー分かりやすいですよね)改めて明記する気はありません、よろしくお願いします。教えろよ!って方は聞いてくださいホイホイ教えます。

 

個人的に桜を見て思い出すのは「卒業」ではなく「出発」です。我儘承知ですが私はこのアカウントを通じて知り合った方々が本当に大好きなので、今後とも仲良くしていただけると嬉しいです。