読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここに神はいない。私立恵比寿中学ファミえん2014感想

エビ中
f:id:sogabe8:20140803075057j:plain

「ここに神はいない。エビ中が織りなす水と人民の饗宴。エビ中夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖 2014」に行ってきました。私にとっては武道館以来のエビ中現場で、八人体制を見るのはこれが初めてだったので楽しめるかどうか不安で複雑な感情を捨てられないままの登校でした。でも始まって数曲で不安は吹っ飛びました。だって楽しいんだもん!みんな笑顔でみんな可愛くて最強でした。そしてものすごい進化を遂げていました。

私は裕乃さん推しだったのでどうしても裕乃さんパートは体が反応するんですけど、聞こえてくるのはりったんの声なんですよね。その違いを噛み締めながら考えたこと。裕乃さんの声って、抑揚や感情が控えめで、ある意味曲の流れを抑える役目をしていたと思うんです。それが裕乃さんの個性だったし、エビ中の独特の雰囲気を作り出す要素の一つだったし、それが耳に留まって気になってハマったって人もいるし。(私もそのクチ)でもりったんの声って、荒削りで不安定だけれど勢いがあって、エビ中の曲の物語を加速させる要素だな、と。裕乃さんと真逆なんです、曲中の役割が。だから、裕乃さんのあの歌い方に合わせて振られたであろうパートもりったんが担当することによってまったくの別物に変わるんですよね。
なっちゃんとぽーちゃんの違いは裕乃&りこほど強くは感じなかったけれど、一番感動したのは誘惑したいやでした。なっちゃんが歌う大サビの「あなたと出会って私恋してしまった」が大人びてて切なくて美しくて好きで好きでたまらなかったんですけど、ぽーちゃんのそれは全くの別物だった!(笑) なっちゃんの恋が切なくて心を締め付けるような恋なら、ぽーちゃんの恋は偶然出会ってワー何これ運命?好き!みたいな明るい恋だった。九人時代の誘惑したいやが持つ大人っぽさを、初めてのちゃんとした恋・だけどどうしたらいいかわからない!っていう甘酸っぱいものに変えていました。歌詞もメロディも同じなのにこんなにもアプローチ方法が違うのか、と感動で思わず身震いしました。

あともうひとつ鳥肌が立ったのが「幸せの貼り紙はいつも背中に」の使い方。アイドルソングって、君が好きだよ君のそばにいるよ青春最高!みたいなキラキラ曲が多いじゃないですか、でもこの曲って、始めからずっと彼女たちだけの世界なんですよね。他の曲に比べて正面(観客)を向く姿勢が少なくて、歌詞も最後の最後にしか「君」という単語が出てこない。よくある幸せおすそ分けソングとは一線を画する楽曲だと思ってます。「I'm satisfied with me(私はわたしに満足している)私に生まれてきて良かった」なんてセリフ、応援しているアイドルに歌われたらイチコロじゃないですか?私は、好きだよ感謝してるよ、って歌われるのの何十倍も感動します。日が沈み暗くなり始めた幻想的な雰囲気の中で「なんて素敵な日々 ああ幸せだ」と歌いながら手をつないでクルクル笑顔で回る画は今まで見たライブの名場面シーンで五本指に入る素晴らしさでした。

それにしてもりったんの不安定さってすごいね。いい湯だなを花道で歌うりったんをほぼ目の前で見ていたんだけど、終始口角が震えていて見ているこっちがハラハラしてしまいました。一回ぁぃぁぃパートを歌いそうになっちゃって「アッ!」って顔してマイクを口から離したときがあって、もう周りのヲタの方があたふたしちゃって大丈夫!大丈夫だから!って念を送りながらみんなでサイリウム振ってました。ツイッターにも書いたんですけど、フレサイの「不器用でマイペースな私を信じてください」ってパートが裕乃さんからりったんへ降りたのって奇跡だなあと。二人ともベクトルは違えど不器用でマイペースで、でも信じたくなる応援したくなるアイドルだから。

f:id:sogabe8:20140803075715j:plain
始まる前にモニターで九人時代のPVと武道館のDVDのCMが流れていてそれだけで涙腺崩壊寸前だったんですが、やっぱり気持ちと目は八人について行ってるつもりでも耳が覚えてるんですよね。裕乃さんパートで違う人(りったん)の声が聞こえてアレ?ってアンコール直前ぐらいまでずっとなってました。慣れてないんだな、とも思うしでもまだ慣れたくないな、とも思います。
以前から推し変するなら彩ちゃん、と言ってはいたもののずっと裕乃さんが心の中にいたんですけど、ロボックがめっちゃかっこよくて、わああってなってた後に頑張ってる途中から大人はわかってくれないの神な流れの中で彩ちゃんから目が離せなくなって、彩ちゃん!彩ちゃん!ってなって、ちゃんと彩ちゃんに推し変することを決めました。アンコールのフレサイでは超至近距離で花道の彩ちゃんを拝むことができたし、花火を見上げる美しい彩ちゃんも見ることができました。他界なんて無理だった!もうちょっと彼女たちの青春を見ていたいです。

大学芸会も行けたらいいな!と思ってます。可能なら神戸遠征もしたいので、願わくばエイトのツアー(あると信じてる)と被りませんように。